​診断テスト研究所

Shindan-Test Labo

研究所バナー①簡易-1.jpg

診断テスト研究所とは?

診断テストの実際の直近数年分の過去問をポイントを挙げて講師が解説しています。

全問解説なので、診断テストの解答を

見ても分からなかった所を

すぐに見つけて解決することができます。

過去問解説だけではなく、

診断テストの勉強法や香川県公立高校入試の情報、

問題予想や頻出問題の紹介、

オンライン診断対策講座を随時更新します。

診断テストの過去問を解説したサイトはここだけ!

香川県の中学3年生やその保護者の方は、

毎日チェックしてください。

そもそも診断テストって何?

 香川県内の全中学校で実施する学力を診断する試験です。

香川県公立高校入試を模擬して作成されているため、志望校の判断基準になります。

教科は国語・数学・英語・理科・社会の5科目です。

中学1年生・2年生は年間1回(2月)、中学3年生は年間7回

(6月・9月・10月・11月・1月上旬・1月下旬・2月中旬)実施されます。


尚、診断テストの成績は評定(内申点)には加算されず、

校内順位のみ公表されます。

​診断テストとは

教科と配点

教科は国語・数学・英語・理科・社会の全5教科です。

配点は各教科50点ずつの合計250点満点です。

診断テストは既習範囲の香川県公立高校入試模擬試験なので、

既習範囲の内容がほぼ入試の出題形式で構成されています。

したがって、診断テストの得点と香川県公立高校入試の得点は

同じような点数になる傾向にあります。

問題形式

重要度の高い試験回

診断テストは全て内申点には加算されませんが、

中学3年時の第3回〜第5回の平均点で公立高校の受験校を判断します。

診断合計点と偏差値の相関

HP岡川塾 表.gif

教科と配点

教科は国語・数学・英語・理科・社会の全5教科です。

配点は各教科50点ずつの合計250点満点です。

教科数、配点が同じであり、また問題の出題形式も似ているため、

診断テストの点数が香川県公立高校入試の得点は

概ね同じような点数になると考えて良いでしょう。

診断テストと入試本番の点数が30点以上も乖離することは滅多にないと思われます。

香川県公立高校入試との類似性

効果的な対策方法

診断テストは各教科50分で配点50点の試験であるため、

日頃から制限時間内で問題を解く訓練をすべきです。

また、国語では作文、数学では証明、英語では英作文と

必ず最終問題の単元が決まっているため、

その単元だけを事前に集中対策し得点源にすることがベストです。